霧染鉢「蓮彩」

HASUIRO

​霧染鉢「蓮彩」

​2020年6月

​第46回静岡県工芸美術展

「最優秀会員賞」受賞」

正円子について

「正円子」とは金を含む陶芸用の高級顔料の名称です。それを絵付けや釉薬に用いた作品は、幕末に流行したとされています。

焼成前は赤茶色の粉末ですが、還元焼成すると淡いピンク色~赤紫色に発色します。

 

この鉢では蓮の花びらの部分に愛知県瀬戸市由来の時代物の正円子を使用しています。下の写真は正円子を包んでいた包み紙で、「特別品 別上等 本竈正圓子」と記されています。

瀬戸では天保年間(1830年~1844年)に、いくつかの最初の使用例が知られています。

k

  • Instagram

© Kozue Ogata 2019